目が覚めると、同僚が隣に寝ていました

 1 2  読み込み中  読み込み中  コメント




アナは目を覚ました。 「まさか!」。それが当時の小野の考えだった。だって、自分には彼女がいるのだから、こんな美しい娘にそんなことはできないだろう。そして二人が愛し合っていることを証明するために、さくらは小野に精子で満たされたオマンコを見せた。夜遅くなって家に帰れなくなったさくらは、彼を騙して朝まで一晩中セックスし続けた。さくらは小野の精子を搾り続け、ほとんど眠れなかった。その結果、翌朝仕事に行くことができなくなりました。その後、同僚から、さくらさんは新入社員歓迎会には必ず出席していて、いつも社員の帰宅を手伝っており、ほぼ確実に出勤できないと聞いた。

目が覚めると、同僚が隣に寝ていました

おすすめ?

 今週のトレンド検索

 今週のトレンド俳優

 その他のカテゴリー

 リンク